大分リボーンとは

時代は少子高齢化に進んでいるのは間違いありません。
そして、全世界を覆い尽くしたこのコロナ禍は、人々を混乱に陥れ、今までの生き方を強制的に変えようとしております。その中で人々の意識は自然に包ままれた、心落ち着く場所を求めようとしております。大分市は、大分県は、自然資産がたくさんあります。しかし、その大分県民でさえ、その意義も重要性もわかっていないかもしれません。

ダイヤモンドオンラインのサイトではこのように述べられています。
「新型コロナウイルスの影響で、住む場所に対する考え方が変わりつつある。これまで大都市圏であれば、都市部に近い駅からも徒歩圏内の便利な場所に住みたいという人が多かった。しかし、リモートワークが急速に浸透したことにより、郊外のみならず、地方への移住さえも視野に入れる人が出てきている。(中略)同調査を行ったブランド総合研究所の田中章雄社長は、「新型コロナによる影響で、居住意欲度を上昇させる要因は、『便利さや都会的なところ』から、『自然の豊かさ』へとシフトしている印象がある」と語る。(中略)「新型コロナの影響で3密を避けるために、自然豊かな地域に住みたいという気持ちは高まっているが、一方で生活のために、『ある程度の便利さは欲しい』という気持ちが見え隠れする結果にもなっている。」


私くたらぎせいりゅうは、時代は変わろうとしている「ある種のシグナル」と捉えたほうがいいように感じております。
それに向かってこの大分市を、大分県を変革させるのが、私くたらぎせいりゅうが唱える「大分リボーン」です。